経営理念のつくり方

おはようございます。台風26号も動きが早く、横浜は晴れ間が見えてきました。

今日は経営理念の簡単な作り方と点検についてお伝えしようと思います。

経営理念とは・・・
「経営をする上での心のよりどころや社員が方針、計画にそって実行する場合の精神的な支え」
と定義してみました。

作成方法は大きく分けて4つあります。

1 全員を巻き込んで作成する方法
2 幹部(管理・監督者)を巻き込んで作成する方法
3 役員を巻き込んで作成する方法
4 代表取締役社長だけで作成する方法

良く行われるのは1と2です

1 全員を巻き込んで作成する方法としては

① アンケートやヒアリングによってどんな会社にしたいのか、全員に意見を聴く
② 意見を聴いた後で、委員会等を作って自主的に経営理念の作成をする
③ 委員会で決定したものを経営幹部等に上申する

2 幹部を巻き込んで作る方法とは

① 管理監督者を集めKJ法などにより考え方を聴き、グループディスカッションをした後
  全大会で決定する
② 決定した経営理念を役員会に上申する

こんな感じです。

経営理念等がすでに作成してある会社についても、下記のことを点検してみましょう

① ただ作ってあるだけではないか?
② 役員だけで決めたので、全社員の主体性やヤル気に繋がっていない?
③ 知っているのは経営者と幹部だけ?
④ 内容が難しくて理解されていない?
⑤ 方針や計画に対するチェック&アクションがない

社員ならだれでも、たとえば新入社員でも経営理念とは?
と尋ねられたらスラスラ答えられることが大事ですね。
経営理念がしっかり定まっていれば、会社の求心力が高まります。

御社の経営理念はどうですか。
スポンサーサイト